旅行代金が足りずにお金を借りる場合はこちら

私は旅行が趣味なので、仕事の休みの合間を縫って旅行に行っています。

近場の時はそんなにお金がかからないのでいいのですが、国内でもちょっと遠いところや海外旅行となるとそれなりにお金がかかります・・・。海外は特に下手に格安旅行で怖い目とかには会いたくないですから、それなりのプランで行くようにしていますからね。

なので、そういうお金がかかるときにはどうしてもお金が足りないのでローンを利用していくようにしています。

ローンを利用してまで旅行に行くの?と思うかもしれませんが、私の唯一の趣味ですし、仕事で連休が取れるのって少ないですから、その貴重な連休を無駄にはしたくありませんからね。

ローンという言葉だけ聞くとあまりいいイメージはないかもしれませんが、ちゃんと計画的に利用することにより本当に便利なものとなります。無計画に利用している人たちが痛い目を見ているという訳ですね。

そこで、旅行費用が足りない時に使うのにお勧めのローンを了解しておきます。楽しい旅を過ごしてきてください(^_^.)

学生の方でも借りれるので、卒業旅行なんかでお金に困ったときに利用するのでもアリですね!

https://www.nishiyodo-minsho.org/

ニューヨークでキャッシング

ニューヨークでロックバンド、クリームの再結成コンサートが行われるというので、その日に合わせて、1ヶ月半のニューヨーク滞在を決めて、出かけることにしました。

最初は友達のところに泊めてもらう予定で行ったのですが、その友達はニューヨーク州のホワイトプレーンという場所に住んでいて、マンハッタンからかなり離れた場所にありました。交通の便も悪く、私は身動きがとれなくなってしまい、マンハッタンに長期滞在できる場所を探しました。

ひとつ、ハーレムに長期滞在用の施設があって、そこに滞在しようと思って予約の電話をかけました。オーナーは日本人でした。

そして、そこは月単位か一日単位のどちらかしか滞在が出来ないということでしたので、一ヶ月滞在の予約を入れました。そして、支払いは現金のみということでしたので、その分の現金を持って来ていなかったことに気づいて、キャッシングを受けることにしました。

滞在費は1ヶ月1400ドルでした。私はその他の雑用費用も考えて、2000ドルのキャッシングを受けることにしました。

めでたく、1ヶ月間、ハーレムにあるタウンハウスに滞在することができました。最初の半月は棒に振った形になりましたが、無事にマンハッタンに滞在することができあました。

怖かったです。

お金の感覚がすごく鈍っていて、クレジットカードのキャッシングやカードローンを湯水のように使っていた時期がありました。

返済しなければならないとわかっているのに、お金が借りれるという仕組みにどっぷりはまって、結果300万近くの借り入れをすることになっていました。

最初のうちはなんとか返済できていたのですが、そのうち多重債務になってしまい最終的に両親にそのことがバレてしまい、カード・預金通帳・免許証・保険証、クレジットカードやカードローンの契約が組めないようにすべて取り上げられました。

ようやくその時に自分の金銭感覚のマヒに気付き、脱多重債務に至りました。(両親にお金を借りて完済、カードローン・クレジットカード解約)

うまく使えばキャッシングやカードローンはすごく使い勝手がいいものだと思います。

ただ、自分の許容範囲を超えてしまうと、本当に感覚が鈍くなります。

「あ、お金なくなった。じゃあ1万円引き出そう」
本当は『引き出す』ではなくて『借りる』なんですよね。。

今思い返すと、ものすごく怖いことをしていたなーと思います。正直お金を借りれるとだまされて、お金を払ってしまったこともありました。それくらい盲目になる前に、一度カードをお財布から抜いておくことをオススメします。。

100万を超えてしまうと、本当に「自分のお金じゃないかな?」と錯覚してしまうので・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です